Oracle GoldenGate 12.2 obeyファイル作成方法

ここでは Oracle GoldenGate (OGG) 12.2 のobeyファイル作成方法を紹介します。

 

obeyファイルとは?

obeyファイルとは、OBEYコマンド実行される、OGGコマンドが含まれたファイルのことです。
特定の順序で頻繁に使用されるコマンドを実行するときに便利です。

私はプロセスが保有するチェックポイント情報とTrailファイルの読み位置がズレたりするとよくプロセスの再作成を行います。
obeyファイルにプロセス再作成時に使用するOGGコマンドを記載し実行すると、
プロセス再作成が一瞬で行われて非常に便利です!

 

obeyファイル作成方法

本手順では、私がよく使うプロセス再作成を例にobeyファイル作成方法を紹介します。

  1. ソース環境obeyファイル作成
    ソース環境用のobeyファイルを作成します。
    ここでは、Captureプロセス、DataPumpプロセスの再作成及びローカルTrailファイルの削除を行っています。
    edit param によって作成されたファイルはOGGインストールディレクトリ配下に作成されます。
    [oracle@node1 ogg122src]$ ./ggsci
    GGSCI (node1.oracle11g.jp) 1> edit param reset_source.oby
    //////////////////////////////////////
    dblogin userid ogg_user password welcome1
    STOP EXTRACT *
    STOP MGR!
    DELETE EXTRACT *!
    SHELL rm ./dirdat/*
    START MGR
    ADD EXTRACT CAP01, TRANLOG, BEGIN NOW
    ADD EXTTRAIL ./dirdat/lt, EXTRACT CAP01
    ADD EXTRACT DP01, EXTTRAILSOURCE ./dirdat/lt
    ADD RMTTRAIL /u01/app/ogg122tgt/dirdat/rt, EXTRACT DP01
    START EXTRACT *
    //////////////////////////////////////

     

  2. ターゲット環境obeyファイル作成
    ターゲット環境用のobeyファイルを作成します。
    ここでは、CHECKPOINTTABLE、Replicatプロセスの再作成及びリモートTrailファイルの削除を行っています。
[oracle@node1 ogg122tgt]$ ./ggsci
GGSCI (node1.oracle11g.jp) 1> edit param reset_target.oby
//////////////////////////////////////
dblogin userid ogg_user password welcome1
STOP REPLICAT *
STOP MGR!
DELETE REPLICAT *!
DELETE CHECKPOINTTABLE!
SHELL rm ./dirdat/*
START MGR
ADD CHECKPOINTTABLE
ADD REPLICAT REP01, EXTTRAIL ./dirdat/rt
START REPLICAT *
//////////////////////////////////////

 

obeyファイル実行

  1. ソース環境obeyファイル実行
    ソース環境で作成したobeyファイルを実行します。
[oracle@node1 ogg122src]$ ./ggsci
GGSCI (node1.oracle11g.jp) 1> obey reset_source.oby

 

  1. ターゲット環境obeyファイル実行
    ターゲット環境で作成したobeyファイルを実行します。
[oracle@node1 ogg122tgt]$ ./ggsci
GGSCI (node1.oracle11g.jp) 1> obey reset_target.oby

 

これでOGG 12.2のobeyファイル作成は完了です。

お疲れ様でした!


スポンサードリンク