Oracle Data Integrator 12.2 エージェント作成方法

English version is coming soon...

ここでは Oracle Data Integrator (ODI) 12.2 のエージェント作成方法を紹介します。

 

ODI 12.2 のリポジトリ方法についてはこちらを参照ください。

 

ODI のエージェントには以下の3種類がありますが、ここでは Standalone Agent について記載をします。
- Standalone Agent
- Collocated Agent
- Java EE Agent

 

  1. エージェントの作成
    以下のコマンドでドメインの作成と同時にエージェントを作成します。
    <ODI インストールディレクトリ>/oracle_common/common/bin/config.sh
[oracle@node1 bin]$ /home/oracle/Oracle/Middleware/Oracle_Home/oracle_common/common/bin/config.sh

 

ドメイン作成ウィザードが起動しますので、最初の画面で「新規ドメインの作成(C)」を選択し「次(N)」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170423225700j:plain

 

 「Oracle Data Integrator - Standalone Agent」を選択し「次(N)」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170423225701j:plain

 

JDK を選択し「次(N)」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170423225702j:plain

 

「RCUデータ(R)」を選択し、リポジトリ情報を入力します。
「RCUの構成の取得(G)」を押下しリポジトリへの接続確認が取れた後、「次(N)」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170423225703j:plain

 

「次(N)」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170423225704j:plain

 

「次(N)」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170423225705j:plain

 

「次(N)」ボタンを押下します。
複数のエージェントを作成したい場合は「追加(A)」ボタンを押下し「次(N)」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170423225706j:plain

 

エージェントの接続情報を入力し「次(N)」ボタンを押下します。
複数のエージェントを作成する場合、「システム・コンポーネント」でエージェントを選択し、それぞれのエージェントに対して接続情報を入力します。

f:id:detectivetangsan:20170423225707j:plain

 

ドメインごとのデフォルトの場所(D)」を選択します。
「ノード・マネージャ資格証明」を入力した後「次(N)」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170423225708j:plain

 

「作成(C)」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170423225709j:plain

 

「次(N)」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170423225711j:plain

 

「終了(F)」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170423225712j:plain

 

ODI Studio を起動し作成したエージェントを登録します。

ODI Studio の起動方法はこちらを参照ください。

 

「トポロジ」タブの「物理アーキテクチャ」セクションを開きます。
「エージェント」を右クリックし、「新規エージェント(A)」を選択します。

f:id:detectivetangsan:20170428022804j:plain

 

config.sh 実行にて作成したエージェント情報を入力し、Ctrl+S で保存します。

f:id:detectivetangsan:20170428022805j:plain

 

以下のコマンドを実行しエージェントを起動します。
<ODI インストールディレクトリ>/user_projects/domains/base_domain/bin/agent.sh -NAME=OracleDIAgent1

[oracle@node1 ~]$ cd /home/oracle/Oracle/Middleware/Oracle_Home/user_projects/domains/base_domain/bin/
[oracle@node1 bin]$ ./agent.sh -NAME=OracleDIAgent1
2017-04-25 21:04:02.148 NOTIFICATION New data source: [DEV_ODI_REPO/*******@jdbc:oracle:thin:@//node1.oracle11g.jp:1521/ORCL11G]
2017-04-25 21:04:05.189 NOTIFICATION ODI-1128 エージェントOracleDIAgent1を開始しています。コンテナ: STANDALONE。エージェント・バージョン: 12.2.1。ポート: 20910 。JMXポート: 21910。
Allowing : 127.0.0.1,192.168.56.54,127.0.0.1
2017-04-25 21:04:13.542 NOTIFICATION New data source: [DEV_ODI_REPO/*******@jdbc:oracle:thin:@(description=(address=(host=node1.oracle11g.jp)(protocol=tcp)(port=1521))(connect_data=(service_name=ORCL11G)(server=dedicated)))]
2017-04-25 21:04:14.302 NOTIFICATION ODI-1111 エージェントOracleDIAgent1が開始しました。エージェント・バージョン: 12.2.1。ポート: 20910。JMXポート: 21910。
2017-04-25 21:04:14.303 NOTIFICATION ODI-1136 エージェントOracleDIAgent1のスケジューラを開始しています。
2017-04-25 21:04:15.305 NOTIFICATION ODI-1137 エージェントOracleDIAgent1の作業リポジトリWORKREPのスケジューラが開始されました。

 

エージェントが起動した後ODI Studio上で「テスト」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170428022806j:plain

 

接続に成功したメッセージがポップアップされたら「OK」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170428022807j:plain

 

これでODI 12.2 エージェント作成は完了です。

お疲れ様でした!


スポンサードリンク