Oracle GoldenGate 12.2 obeyファイル作成方法

ここでは Oracle GoldenGate (OGG) 12.2 のobeyファイル作成方法を紹介します。

 

obeyファイルとは?

obeyファイルとは、OBEYコマンド実行される、OGGコマンドが含まれたファイルのことです。
特定の順序で頻繁に使用されるコマンドを実行するときに便利です。

私はプロセスが保有するチェックポイント情報とTrailファイルの読み位置がズレたりするとよくプロセスの再作成を行います。
obeyファイルにプロセス再作成時に使用するOGGコマンドを記載し実行すると、
プロセス再作成が一瞬で行われて非常に便利です!

 

obeyファイル作成方法

本手順では、私がよく使うプロセス再作成を例にobeyファイル作成方法を紹介します。

  1. ソース環境obeyファイル作成
    ソース環境用のobeyファイルを作成します。
    ここでは、Captureプロセス、DataPumpプロセスの再作成及びローカルTrailファイルの削除を行っています。
    edit param によって作成されたファイルはOGGインストールディレクトリ配下に作成されます。
    [oracle@node1 ogg122src]$ ./ggsci
    GGSCI (node1.oracle11g.jp) 1> edit param reset_source.oby
    //////////////////////////////////////
    dblogin userid ogg_user password welcome1
    STOP EXTRACT *
    STOP MGR!
    DELETE EXTRACT *!
    SHELL rm ./dirdat/*
    START MGR
    ADD EXTRACT CAP01, TRANLOG, BEGIN NOW
    ADD EXTTRAIL ./dirdat/lt, EXTRACT CAP01
    ADD EXTRACT DP01, EXTTRAILSOURCE ./dirdat/lt
    ADD RMTTRAIL /u01/app/ogg122tgt/dirdat/rt, EXTRACT DP01
    START EXTRACT *
    //////////////////////////////////////

     

  2. ターゲット環境obeyファイル作成
    ターゲット環境用のobeyファイルを作成します。
    ここでは、CHECKPOINTTABLE、Replicatプロセスの再作成及びリモートTrailファイルの削除を行っています。
[oracle@node1 ogg122tgt]$ ./ggsci
GGSCI (node1.oracle11g.jp) 1> edit param reset_target.oby
//////////////////////////////////////
dblogin userid ogg_user password welcome1
STOP REPLICAT *
STOP MGR!
DELETE REPLICAT *!
DELETE CHECKPOINTTABLE!
SHELL rm ./dirdat/*
START MGR
ADD CHECKPOINTTABLE
ADD REPLICAT REP01, EXTTRAIL ./dirdat/rt
START REPLICAT *
//////////////////////////////////////

 

obeyファイル実行

  1. ソース環境obeyファイル実行
    ソース環境で作成したobeyファイルを実行します。
[oracle@node1 ogg122src]$ ./ggsci
GGSCI (node1.oracle11g.jp) 1> obey reset_source.oby

 

  1. ターゲット環境obeyファイル実行
    ターゲット環境で作成したobeyファイルを実行します。
[oracle@node1 ogg122tgt]$ ./ggsci
GGSCI (node1.oracle11g.jp) 1> obey reset_target.oby

 

これでOGG 12.2のobeyファイル作成は完了です。

お疲れ様でした!

Oracle GoldenGate 12.2 プロセス作成方法

ここでは Oracle GoldenGate (OGG) 12.2 のプロセス作成方法を紹介します。

 

OGG 12.2 のインストール方法はこちらを参照ください。

 

本手順で紹介するOGGプロセス構成は以下になります。

[ソース]
Captureプロセス(Classic) * 1
DataPumpプロセス * 1

[ターゲット]

Replicat(Classic) * 1

※同一環境にOGGを導入しスキーマ間でデータ連携を行う構成としています。

通常は、ソース/ターゲット環境は分かれている構成がほとんどですので、適宜読み替えて実施ください。

事前準備

  1.  ソース/ターゲット環境のTNS設定
    ソース/ターゲット環境の $ORACLE_HOME/network/admin/tnsnames.ora ファイルの内容にOGGで連携する環境の情報を追記します。
    [oracle@node1 ~]$ vi $ORACLE_HOME/network/admin/tnsnames.ora
    //////////////////////////////////////
    ORCL11G =
    (DESCRIPTION =
      (ADDRESS=(PROTOCOL=TCP)(HOST=node1.oracle11g.j)(PORT=1521))
      (CONNECT_DATA=(SERVICE_NAME=orcl11g))
    )
    //////////////////////////////////////

     

  2. DBのロギング設定
    ソース側の環境に対してサプリメンタルロギングの設定を行います。
[oracle@node1 ~]$ sqlplus / as sysdba
SQL> ALTER DATABASE ADD SUPPLEMENTAL LOG DATA;

データベースが変更されました。

 

  1. OGGの有効化
    DB 11.2.0.4 の場合、ソース/ターゲット環境でOGGのパラメータを有効化します。
[oracle@node1 ~]$ sqlplus / as sysdba
SQL> alter system set enable_goldengate_replication = true;

システムが変更されました。

 

  1. ソース/ターゲット環境でOGG専用スキーマの作成
    ソース/ターゲット環境でOGG専用スキーマの作成を作成します。
    本手順ではDBA権限を付与していますが、より詳細な権限設定をしたい場合はマニュアルを参照して必要な権限のみを設定してください。
    http://docs.oracle.com/cd/E35586_01/doc.1121/b70206.pdf
[oracle@node1 ~]$ sqlplus / as sysdba
SQL> create user ogg_user identified by welcome1;

ユーザーが作成されました。

SQL> grant DBA to ogg_user;

権限付与が成功しました。

 

  1. ソース/ターゲット環境でテストスキーマの作成
    ソース/ターゲット環境でデータ連携のテストスキーマを作成します。
    本手順では、同一環境でデータ連携を行うため、複数のテストスキーマを作成しています。
[oracle@node1 ~]$ sqlplus / as sysdba
SQL> create user test01 identified by welcome1;

ユーザーが作成されました。

SQL> grant DBA to test01;

権限付与が成功しました。

SQL> create user test02 identified by welcome1;

ユーザーが作成されました。

SQL> grant DBA to test02;

権限付与が成功しました。

 

  1. ソース/ターゲット環境でテストテーブルの作成
    ソース/ターゲット環境でデータ連携のテストテーブルを作成します。
[oracle@node1 ~]$ sqlplus / as sysdba
SQL> create table test01.sample01 (empno number(4),name varchar2(10),age number(3),deptno number(4),constraint PK1 primary key(empno));

表が作成されました。

SQL> create table test02.sample01 (empno number(4),name varchar2(10),age number(3),deptno number(4),constraint PK1 primary key(empno));

表が作成されました。

 

OGGプロセスの作成

  1. ソース環境でManagerプロセスの設定
    ソース環境のMaganerプロセスの設定を行います。
    OGG 12.2 ではインストール時にOGGが使用するポート番号が設定されています。ここではパラメータを変更する必要はありません。
[oracle@node1 ~]$ cd /u01/app/ogg122src/
[oracle@node1 ogg122src]$ ./ggsci
GGSCI (node1.oracle11g.jp) 1> edit param mgr
//////////////////////////////////////
PORT 7809
//////////////////////////////////////

 

  1. ターゲット環境でManagerプロセスの設定
    ターゲット環境のMaganerプロセスの設定を行います。
    OGG 12.2 ではインストール時にOGGが使用するポート番号が設定されています。
    ここでは、DYNAMICPORTLIST というパラメータを追記します。ターゲット環境がTrailファイルを受信する際に使用するポート番号のリストを設定します。
[oracle@node1 ~]$ cd /u01/app/ogg122tgt
[oracle@node1 ogg122tgt]$ ./ggsci
GGSCI (node1.oracle11g.jp) 1> edit param mgr
//////////////////////////////////////
PORT 7810
DYNAMICPORTLIST 7811-7820
//////////////////////////////////////

 

  1. ソース環境で表レベルのサプリメンタルログを有効化
[oracle@node1 ~]$ cd /u01/app/ogg122src
[oracle@node1 ogg122src]$ ./ggsci
GGSCI (node1.oracle11g.jp) 1> dblogin userid ogg_user password welcome1
Successfully logged into database.

GGSCI (node1.oracle11g.jp as ogg_user@orcl11g) 2> ADD TRANDATA test01.sample01

Logging of supplemental redo data enabled for table TEST01.SAMPLE01.
TRANDATA for scheduling columns has been added on table 'TEST01.SAMPLE01'.
TRANDATA for instantiation CSN has been added on table 'TEST01.SAMPLE01'.

 

  1. ソース環境でCaptureプロセスの作成
    ここではCaptureプロセス名を「CAP01」としてパラメータを作成します。
[oracle@node1 ~]$ cd /u01/app/ogg122src
[oracle@node1 ogg122src]$ ./ggsci
GGSCI (node1.oracle11g.jp) 1> edit param CAP01
//////////////////////////////////////
EXTRACT CAP01
USERID ogg_user, PASSWORD welcome1
EXTTRAIL ./dirdat/lt
TABLE test01.sample01;
//////////////////////////////////////

 

  1. ソース環境でCaptureプロセスの追加
    作成したCaptureプロセスの追加を行います。
[oracle@node1 ~]$ cd /u01/app/ogg122src
[oracle@node1 ogg122src]$ ./ggsci
GGSCI (node1.oracle11g.jp) 1> ADD EXTRACT CAP01, TRANLOG, BEGIN NOW
EXTRACT added.

 

  1. ソース環境のCaptureプロセスにローカルTrailファイルの追加
    追加したCaptureプロセスにローカルTarilファイルの追加を行います。
[oracle@node1 ~]$ cd /u01/app/ogg122src
[oracle@node1 ogg122src]$ ./ggsci
GGSCI (node1.oracle11g.jp) 2> ADD EXTTRAIL ./dirdat/lt, EXTRACT CAP01
EXTTRAIL added.

 

  1. ソース環境でDataPumpプロセスの作成
    ここではDataPumpプロセス名を「DP01」としてパラメータを作成します。
[oracle@node1 ~]$ cd /u01/app/ogg122src
[oracle@node1 ogg122src]$ ./ggsci
GGSCI (node1.oracle11g.jp) 1> edit param DP01
//////////////////////////////////////
EXTRACT DP01
PASSTHRU
RMTHOST node1.oracle11g.jp, MGRPORT 7810
RMTTRAIL /u01/app/ogg122tgt/dirdat/rt
TABLE test01.*;
//////////////////////////////////////

 

  1. ソース環境でDataPumpプロセスの追加
    作成したDataPumpプロセスの追加を行います。
[oracle@node1 ~]$ cd /u01/app/ogg122src
[oracle@node1 ogg122src]$ ./ggsci
GGSCI (node1.oracle11g.jp) 1> ADD EXTRACT DP01, EXTTRAILSOURCE ./dirdat/lt
EXTRACT added.

 

  1. ソース環境のDataPumpプロセスにリモートTrailファイルの追加
    追加したDataPumpプロセスにリモートTarilファイルの追加を行います。
[oracle@node1 ~]$ cd /u01/app/ogg122src
[oracle@node1 ogg122src]$ ./ggsci
GGSCI (node1.oracle11g.jp) 2> ADD RMTTRAIL /u01/app/ogg122tgt/dirdat/rt, EXTRACT DP01
RMTTRAIL added.

 

  1. ターゲット環境でGLOBALSファイルの作成
    ターゲット環境でGLOBALSファイルを作成します。OGGのデータ連携に必要なCHECKPOINTテーブル作成に必要なパラメータを指定します。
[oracle@node1 ~]$ cd /u01/app/ogg122tgt
[oracle@node1 ogg122src]$ ./ggsci
GGSCI (node1.oracle11g.jp) 1> EDIT PARAMS ./GLOBALS
//////////////////////////////////////
CHECKPOINTTABLE ogg_user.ggs_ckpt
//////////////////////////////////////

 

  1. ターゲット環境でCHECKPOINTTABLEの作成
    ターゲット環境でCHECKPOINTTABLEを作成します。
[oracle@node1 ~]$ cd /u01/app/ogg122tgt
[oracle@node1 ogg122src]$ ./ggsci
GGSCI (node1.oracle11g.jp) 1> dblogin userid ogg_user password welcome1
Successfully logged into database.

GGSCI (node1.oracle11g.jp as ogg_user@orcl11g) 2> ADD CHECKPOINTTABLE

No checkpoint table specified. Using GLOBALS specification (ogg_user.ggs_ckpt)...

Successfully created checkpoint table ogg_user.ggs_ckpt.

 

  1. ターゲット環境でReplicatプロセスの作成
    ここではReplicatプロセス名を「REP01」としてパラメータを作成します。
[oracle@node1 ~]$ cd /u01/app/ogg122tgt
[oracle@node1 ogg122tgt]$ ./ggsci
GGSCI (node1.oracle11g.jp) 1> edit param REP01
//////////////////////////////////////
REPLICAT REP01
USERID ogg_user, PASSWORD welcome1
ASSUMETARGETDEFS
MAP test01.sample01, TARGET test02.sample01;
//////////////////////////////////////

 

  1. ターゲット環境でReplicatプロセスの追加
    作成したReplicatプロセスの追加を行います。
[oracle@node1 ~]$ cd /u01/app/ogg122tgt
[oracle@node1 ogg122tgt]$ ./ggsci
GGSCI (node1.oracle11g.jp) 1> dblogin userid ogg_user password welcome1
Successfully logged into database.

GGSCI (node1.oracle11g.jp as ogg_user@orcl11g) 2> ADD REPLICAT REP01, EXTTRAIL ./dirdat/rt
REPLICAT added.

 

  1. ソース/ターゲット環境でManagerプロセスの再起動
    ソース/ターゲット環境でManagerプロセスを再起動します。インストール時点ではManagerプロセスは起動されていますが、パラメータの変更を行っているため、再起動を行います。
GGSCI (node1.oracle11g.jp) 1> stop mgr!

Sending STOP request to MANAGER ...
Request processed.
Manager stopped.


GGSCI (node1.oracle11g.jp) 2> start mgr
Manager started.

 

  1. ソース環境でCaptureプロセスの起動
    ソース環境でCaptureプロセスを起動します。
GGSCI (node1.oracle11g.jp) 1> start extract CAP01

Sending START request to MANAGER ...
EXTRACT CAP01 starting

 

  1. ソース環境でDataPumpプロセスの起動
    ソース環境でDataPumpプロセスを起動します。
GGSCI (node1.oracle11g.jp) 1> start extract DP01

Sending START request to MANAGER ...
EXTRACT DP01 starting

 

  1. ソース環境でOGGプロセスの起動確認
    ソース環境でOGGプロセスの起動状態を確認します。
GGSCI (node1.oracle11g.jp) 1> info all

Program     Status      Group       Lag at Chkpt  Time Since Chkpt

MANAGER     RUNNING
EXTRACT     RUNNING     CAP01       00:00:00      00:00:00
EXTRACT     RUNNING     DP01        00:00:00      00:00:01

 

  1. ターゲット環境でReplicatプロセスの起動
    ターゲット環境でReplicatプロセスを起動します。
GGSCI (node1.oracle11g.jp) 1> start replicat REP01

Sending START request to MANAGER ...
REPLICAT REP01 starting

 

  1. ターゲット環境でOGGプロセスの起動確認
    ターゲット環境でOGGプロセスの起動状態を確認します。
GGSCI (node1.oracle11g.jp) 1> info all

Program     Status      Group       Lag at Chkpt  Time Since Chkpt

MANAGER     RUNNING
REPLICAT    RUNNING     REP01       00:00:00      00:00:06

 

OGG動作確認

  1. ソース環境でテストデータをINSERT
[oracle@node1 ~]$ sqlplus / as sysdba
SQL> insert into test01.sample01 values(0001,'user01',20,0001);

1行が作成されました。

SQL> commit;

コミットが完了しました。

SQL> select * from test01.sample01;

     EMPNO NAME                                  AGE     DEPTNO
---------- ------------------------------ ---------- ----------
         1 user01                                 20          1

 

  1. ターゲット環境でデータを確認
[oracle@node1 ~]$ sqlplus / as sysdba
SQL> select * from test02.sample01;

     EMPNO NAME                                  AGE     DEPTNO
---------- ------------------------------ ---------- ----------
         1 user01                                 20          1

 

テスト データの連携が出来ている事が確認できました。

 

これでOGG 12.2のプロセス作成は完了です。

お疲れ様でした!

Oracle GoldenGate 12.2 インストール方法

ここでは Oracle GoldenGate (OGG) 12.2 のインストール方法を紹介します。

 

OGG 12.2 をインストールする際は 以下で記載されているシステム要件を満たしていることをご確認ください。

Oracle Fusion Middleware Supported System Configurations

 

なお、参考ではありますが、私がOGGを導入する環境は以下になります。

[ソース/ターゲット]
OS:Oracle Enterprise Linux 6.6
Database:Oracle Database 11.2.0.4
OGG:Oracle GoldenGate 12.2.0.1.1

※同一環境にOGGを導入しデータ連携を行う構成としています。

  1.  OGG 12.2 ダウンロード
    以下のサイトより OGG 12.2.1.2.1 for Oracle on Linux x86-64 をダウンロードします。

    Oracle GoldenGate Downloads

    f:id:detectivetangsan:20170603220402j:plain

     

  2. ダウンロードしたファイルの解凍
    ダウンロードした zip ファイルを解凍し、ファイル所有者を変更します。本手順で利用するOSユーザは「oracle」ユーザとしています。
    ここでは、「/var/tmp」配下にファイルを配置し解凍しています。
[root@node1 tmp]# unzip fbo_ggs_Linux_x64_shiphome.zip
[root@node1 tmp]# ls

OGG-12.2.0.1-README.txt          fbo_ggs_Linux_x64_shiphome
OGG-12.2.0.1.1-ReleaseNotes.pdf  fbo_ggs_Linux_x64_shiphome.zip
[root@node1 tmp]# chown -R oracle: fbo_ggs_Linux_x64_shiphome

 

  1. OGG 12.2 インストール (ソース)
    OGG をインストールするOSユーザでOGGをインストールします。
[root@node1 Disk1]# su - oracle
[oracle@node1 ~]$ cd /var/tmp/
[oracle@node1 tmp]$ cd fbo_ggs_Linux_x64_shiphome/Disk1/
[oracle@node1 Disk1]$ ./runInstaller
Oracle Universal Installerを起動中です...

一時領域の確認中: 120MBを超えている必要があります.   実際 15564MB    問題なし
スワップ領域の確認中: 150MBを超えている必要があります.   実際 3967MB    問題なし
モニターの確認中: 少なくとも256色表示するよう設定されている必要があります.    実際 16777216    問題なし
Oracle Universal Installerの起動を準備中 /home/oracle/tmp/OraInstall2017-06-03_09-23-02PM. お待ちください...

 
インストーラが起動しますので、「Oracle GoldenGate for Oracle Database 11g」を選択し「次(N)」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170603220403j:plain

 

「Software Location」「Database Location」を入力します。
デフォルトではOGGのManagerプロセスが使用するポートは7809となっていますが、必要に応じてポート番号を変更してください。
情報を入力後「次(N)」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170603220404j:plain

 

「インストール(I)」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170603220405j:plain

 

インストール完了後「閉じる(C)」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170603220612j:plain

 

  1. OGG 12.2 インストール (ターゲット)

インストーラが起動しますので、「Oracle GoldenGate for Oracle Database 11g」を選択し「次(N)」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170603220613j:plain

 
「Software Location」「Database Location」を入力します。
本手順では同一環境にOGGをインストールするため、Managerプロセスが使用するポート番号が競合しないように「7810」を指定しています。
情報を入力後「次(N)」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170603220614j:plain


「インストール(I)」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170603220615j:plain


インストール完了後「閉じる(C)」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170603220616j:plain


インストールディレクトリにOGGのバイナリファイルが存在することを確認します。

[oracle@node1 ~]$ ls -l /u01/app/ogg122src/
合計 617948
drwxr-xr-x  7 oracle oinstall     4096  6月  3 21:40 2017 OPatch
drwxr-xr-x  7 oracle oinstall     4096  6月  3 21:40 2017 UserExitExamples
-rw-r-----  1 oracle oinstall      426 10月 15 05:37 2010 bcpfmt.tpl
-rw-r-----  1 oracle oinstall     1725 10月 15 05:37 2010 bcrypt.txt
...
-rw-r-----  1 oracle oinstall    37455  3月  4 09:35 2015 ucharset.h
-rw-r-----  1 oracle oinstall     9090  5月 27 19:50 2015 ulg.sql
-rw-r-----  1 oracle oinstall    30782 10月  2 14:49 2015 usrdecs.h
-rw-r-----  1 oracle oinstall     1476 10月 15 05:37 2010 zlib.txt

[oracle@node1 ~]$ ls -l /u01/app/ogg122tgt/
合計 617948
drwxr-xr-x  7 oracle oinstall     4096  6月  3 21:43 2017 OPatch
drwxr-xr-x  7 oracle oinstall     4096  6月  3 21:43 2017 UserExitExamples
-rw-r-----  1 oracle oinstall      426 10月 15 05:37 2010 bcpfmt.tpl
-rw-r-----  1 oracle oinstall     1725 10月 15 05:37 2010 bcrypt.txt
...
-rw-r-----  1 oracle oinstall    37455  3月  4 09:35 2015 ucharset.h
-rw-r-----  1 oracle oinstall     9090  5月 27 19:50 2015 ulg.sql
-rw-r-----  1 oracle oinstall    30782 10月  2 14:49 2015 usrdecs.h
-rw-r-----  1 oracle oinstall     1476 10月 15 05:37 2010 zlib.txt

 

 

これでOGG 12.2のインストールは完了です。

お疲れ様でした!

How to Upgrade to ODI 12.2 using Upgrade Assistant

日本語はこちら

 

Here, I will show you how to upgrade to ODI 12.2 using Upgrade Assistant (UA).
The source version included in this procedure is ODI 11.1.1.7.0.

 

Be sure to back up the repository data before upgrading!
The case an error occurs during the upgrade, it can't be rolled back!


When you upgrade, please delete unnecessary ODI objects as much as possible. If the number of objects is large, it will take more time to upgrade.

 

  1. Start up UA
    Start up UA with the following command.
    <ODI Install Dir>/oracle_common/upgrade/bin/ua
[oracle@node1 ~]$ /home/oracle/Oracle/Middleware/Oracle_Home/oracle_common/upgrade/bin/ua

 

Click "next" button after starting up UA.

f:id:detectivetangsan:20170512182710j:plain

 

Select "Individually Selected Schemas" and click "Next (N)" button.

f:id:detectivetangsan:20170512182711j:plain

 

Select "Oracle Data Integrator" and click "Next" button.

f:id:detectivetangsan:20170512182712j:plain

 

Check all boxes and click "Next" button.

f:id:detectivetangsan:20170512182713j:plain

 

Enter the information of the database to be connected and click the "Connect" button.

f:id:detectivetangsan:20170512182714j:plain

 

After the database connection is done successfully, enter the information of  the repository schema and click "Next" button.

f:id:detectivetangsan:20170512182715j:plain

 

Select the upgrade option.
Check all boxes and click "Next" button.
※When upgrading in silent mode, you can select the option more finely.

f:id:detectivetangsan:20170512182716j:plain

 

Enter the information of supervisor and click "Next" button.

f:id:detectivetangsan:20170512182717j:plain

 

Enter the upgrade key and click "Next" button.
Random alphanumeric characters are displayed by default. In this procedure, arbitrary characters are entered.
Although the upgrade key may not use somewhere afterwards ...
Please save your key just in case.

f:id:detectivetangsan:20170512182718j:plain

 

Click "Next" button.

f:id:detectivetangsan:20170512182719j:plain

 

Click "Upgrade" button.
Be sure to take a backup! It will not be able to turn back!

f:id:detectivetangsan:20170512182720j:plain

 

Click "Next" button after the upgrade is completed.
It takes long time around 40% ~ 60%.

f:id:detectivetangsan:20170512182721j:plain

 

Click "Close" button.

f:id:detectivetangsan:20170512182722j:plain

 

Start up ODI Studio and confirm that it is upgraded.
It was INTERFACE in ODI 11g, but you can see that it is changing to MAPPING in ODI 12c.

f:id:detectivetangsan:20170512182723j:plain

 

It has completed the upgrade to ODI 12.2 using Upgrade Assistant.

Thanks.

Upgrade Assistant を利用したODI 12.2 へのアップグレード

English version is here.

 

ここでは Upgrade Assistant (UA) を利用したODI 12.2 へのアップグレード方法を紹介します。
本手順で紹介するアップグレード元のバージョンは ODI 11.1.1.7.0 になります。

 

アップグレードを行う前は必ずリポジトリデータのバックアップを行ってください!
アップグレードの途中でエラーが発生してしまった場合、ロールバックしません!


なお、アップグレードする際は不要なODIオブジェクトをなるべく削除し臨むようにしてください。オブジェクト数が多いと、その分だけアップグレード処理に時間を要します。

 

  1. UA の起動
    以下のコマンドでUA を起動します。
    <ODI インストールディレクトリ>/oracle_common/upgrade/bin/ua
[oracle@node1 ~]$ /home/oracle/Oracle/Middleware/Oracle_Home/oracle_common/upgrade/bin/ua

 

UA 起動後、「次(N)」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170428171155j:plain

 

「個別に選択されたスキーマ(I)」を選択し「次(N)」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170428171156j:plain

 

「Oracle Data Integrator」を選択し「次(N)」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170428171157j:plain

 

すべての項目を選択し「次(N)」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170428171158j:plain

 

接続するデータベースの情報を入力し「接続(O)」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170428171159j:plain

 

データベースの接続が正常に行われた後、リポジトリスキーマ情報を入力し「次(N)」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170428171200j:plain

 

アップグレードのオプションを選択します。
ここではすべての項目を選択し「次(N)」ボタンを押下します。
※サイレントモードでアップグレードする場合はもう少し細かいオプションを選択することができます。

f:id:detectivetangsan:20170428171201j:plain

 

スーパーバイザの情報を入力し「次(N)」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170428171202j:plain

 

アップグレードキーを入力した後「次(N)」ボタンを押下します。
デフォルトではランダムな英数字が並んでいますが、ここでは任意の文字列を入力しています。
アップグレード・キーはその後どこかで使用した試しは無いですが…
一応キーは控えておいてください。

f:id:detectivetangsan:20170428171203j:plain

 

「次(N)」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170428171204j:plain

 

「アップグレード(U)」ボタンを押下します。
バックアップは必ず取ってください!ここから引き返せません!

f:id:detectivetangsan:20170428171205j:plain

 

アップグレードが完了した後「次(N)」ボタンを押下します。
40%~60%付近がとても長いです。

f:id:detectivetangsan:20170428171206j:plain

 

「閉じる(C)」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170428171207j:plain

 

ODI Studio を起動しアップグレードされていることを確認します。
ODI 11g ではインタフェースであったものが、12cではマッピングになっていることが確認できます。

f:id:detectivetangsan:20170428171208j:plain

 

これで Upgrade Assistant を利用したODI 12.2 へのアップグレードは完了となります。

お疲れ様でした!

Oracle Data Integrator 12.2 Studio起動・ログイン方法

English version is coming soon...

 

ここでは Oracle Data Integrator (ODI) 12.2 Studio起動・ログイン方法を紹介します。

 

  1. ODI Studioの起動
    以下のコマンドでODI Studio を起動します。
    <ODI インストールディレクトリ>/odi/studio/odi.sh
[oracle@node1 ~]$ /home/oracle/Oracle/Middleware/Oracle_Home/odi/studio/odi.sh

 

ODI Studio 起動後、「リポジトリへの接続...」をダブルクリックし接続情報を作成します。

f:id:detectivetangsan:20170427023204j:plain

 

初回起動時はウォレット・パスワードの設定を行います。
(ウォレット・パスワードはセキュリティ向上のため ODI 12c から導入されました)
ここでは有効期限を実質無期限として最大日数を入力しています。
ウォレット・パスワードはツールバーの「ODI(O)」=> 「ウォレット・パスワードの変更」から変更可能です。
もしくは、$HOME/.odi/oracledi/ewallet/配下にあるewallet.p12 ファイルを削除する事でリセットできます。
設定値の入力が終わったら「OK」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170428010808j:plain

 

ログイン画面で「新規」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170427023206j:plain

 

リポジトリ接続情報を入力後、「作業リポジトリ」を選択し「リポジトリ・リスト」を押下します。
リポジトリ接続情報はリポジトリ作成時に設定した情報を入力してください。

f:id:detectivetangsan:20170427023207j:plain

 

リポジトリの選択画面で接続する作業リポジトリを選択し「OK」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170427023208j:plain

 

作業リポジトリを選択した後「テスト」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170427023209j:plain

 

接続テスト確認後「OK」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170427023210j:plain

 

設定がすべて完了したら「OK」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170428010809j:plain

 

ログイン画面に戻るので「OK」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170427023211j:plain

 

これでODI 12.2 Studioの起動・ログインは完了です。

お疲れ様でした!

 

以下は補足となります。

ODI Studio ログイン後、4つのタブが存在します。

f:id:detectivetangsan:20170428010810j:plain

・デザイナ:データ連携・変換の設定を行い、データ連携のシナリオを作成
・オペレータ:シナリオの実行ログを管理
・トポロジ:データ連携の接続先を設定
・セキュリティ:ODIのユーザ、権限を管理

 
なお、ODI は2つ種類のリポジトリで構成されており、各リポジトリはそれぞれ保有する情報が異なります。
・マスターリポジトリ:トポロジ情報、セキュリティ情報
・作業リポジトリ:デザイナ情報、オペレータ情報

今後ODIを運用する場合上記の構成が念頭にあれば、複数のODIリポジトリを作成する際にどのように構成するか役立つと思います。

Oracle Data Integrator 12.2 エージェント作成方法

English version is coming soon...

ここでは Oracle Data Integrator (ODI) 12.2 のエージェント作成方法を紹介します。

 

ODI 12.2 のリポジトリ方法についてはこちらを参照ください。

 

ODI のエージェントには以下の3種類がありますが、ここでは Standalone Agent について記載をします。
- Standalone Agent
- Collocated Agent
- Java EE Agent

 

  1. エージェントの作成
    以下のコマンドでドメインの作成と同時にエージェントを作成します。
    <ODI インストールディレクトリ>/oracle_common/common/bin/config.sh
[oracle@node1 bin]$ /home/oracle/Oracle/Middleware/Oracle_Home/oracle_common/common/bin/config.sh

 

ドメイン作成ウィザードが起動しますので、最初の画面で「新規ドメインの作成(C)」を選択し「次(N)」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170423225700j:plain

 

 「Oracle Data Integrator - Standalone Agent」を選択し「次(N)」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170423225701j:plain

 

JDK を選択し「次(N)」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170423225702j:plain

 

「RCUデータ(R)」を選択し、リポジトリ情報を入力します。
「RCUの構成の取得(G)」を押下しリポジトリへの接続確認が取れた後、「次(N)」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170423225703j:plain

 

「次(N)」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170423225704j:plain

 

「次(N)」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170423225705j:plain

 

「次(N)」ボタンを押下します。
複数のエージェントを作成したい場合は「追加(A)」ボタンを押下し「次(N)」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170423225706j:plain

 

エージェントの接続情報を入力し「次(N)」ボタンを押下します。
複数のエージェントを作成する場合、「システム・コンポーネント」でエージェントを選択し、それぞれのエージェントに対して接続情報を入力します。

f:id:detectivetangsan:20170423225707j:plain

 

ドメインごとのデフォルトの場所(D)」を選択します。
「ノード・マネージャ資格証明」を入力した後「次(N)」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170423225708j:plain

 

「作成(C)」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170423225709j:plain

 

「次(N)」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170423225711j:plain

 

「終了(F)」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170423225712j:plain

 

ODI Studio を起動し作成したエージェントを登録します。

ODI Studio の起動方法はこちらを参照ください。

 

「トポロジ」タブの「物理アーキテクチャ」セクションを開きます。
「エージェント」を右クリックし、「新規エージェント(A)」を選択します。

f:id:detectivetangsan:20170428022804j:plain

 

config.sh 実行にて作成したエージェント情報を入力し、Ctrl+S で保存します。

f:id:detectivetangsan:20170428022805j:plain

 

以下のコマンドを実行しエージェントを起動します。
<ODI インストールディレクトリ>/user_projects/domains/base_domain/bin/agent.sh -NAME=OracleDIAgent1

[oracle@node1 ~]$ cd /home/oracle/Oracle/Middleware/Oracle_Home/user_projects/domains/base_domain/bin/
[oracle@node1 bin]$ ./agent.sh -NAME=OracleDIAgent1
2017-04-25 21:04:02.148 NOTIFICATION New data source: [DEV_ODI_REPO/*******@jdbc:oracle:thin:@//node1.oracle11g.jp:1521/ORCL11G]
2017-04-25 21:04:05.189 NOTIFICATION ODI-1128 エージェントOracleDIAgent1を開始しています。コンテナ: STANDALONE。エージェント・バージョン: 12.2.1。ポート: 20910 。JMXポート: 21910。
Allowing : 127.0.0.1,192.168.56.54,127.0.0.1
2017-04-25 21:04:13.542 NOTIFICATION New data source: [DEV_ODI_REPO/*******@jdbc:oracle:thin:@(description=(address=(host=node1.oracle11g.jp)(protocol=tcp)(port=1521))(connect_data=(service_name=ORCL11G)(server=dedicated)))]
2017-04-25 21:04:14.302 NOTIFICATION ODI-1111 エージェントOracleDIAgent1が開始しました。エージェント・バージョン: 12.2.1。ポート: 20910。JMXポート: 21910。
2017-04-25 21:04:14.303 NOTIFICATION ODI-1136 エージェントOracleDIAgent1のスケジューラを開始しています。
2017-04-25 21:04:15.305 NOTIFICATION ODI-1137 エージェントOracleDIAgent1の作業リポジトリWORKREPのスケジューラが開始されました。

 

エージェントが起動した後ODI Studio上で「テスト」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170428022806j:plain

 

接続に成功したメッセージがポップアップされたら「OK」ボタンを押下します。

f:id:detectivetangsan:20170428022807j:plain

 

これでODI 12.2 エージェント作成は完了です。

お疲れ様でした!


スポンサードリンク